山本院長のブログ

「低気圧にやられた。。。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2014-12-16_141947

今日はお仕事中なのでネットでサーフィンしてます。

海でのサーフィンはイマイチですが、ネットではバンバン記事を発見してますので、ちょっと紹介。

ちなみに「低気圧にやられた・・・」というのはサーフィンの問題ではなく、健康面での話です!!

まぁ、サーフィンではいつもやられてますからね。

はい、紹介します。コチラ↓

低気圧はあなたの体にも影響が生じ、頭蓋骨内の圧力を変化させます。そうすると、脳内の血管が収縮され、収縮された血管に血液を流そうとすることで周囲にある三叉神経を刺激し、頭痛が生じてしまうと考えられています。

また、低気圧の日には血圧が下がる傾向にあります。血圧が下がるということは、体に流れる血液の循環量が低下するということです。その上で、肩こりや首のハリなど、脳に血液がいきづらい状態であると、脳内へ循環する血液が不足し、血管がストレスを受けることで拡張します。血管が拡張することで、周囲にある神経を刺激してしまうため、頭痛が引き起こされてしまいます。

2014-12-16_141947

なるほどなぁ〜!!

ちなみに当院では三叉神経をターゲットにした治療を行っております!!

検査後に行う

①おでこ

②ほっぺ

③アゴ

などがそれに当たりますかね!!

三叉神経だけをターゲットにしているわけではないのですが・・・

 

脳に悪影響を及ぼすと全身に症状が出る恐れがあるということです。

例)脳の機能低下→心臓の機能低下→全身に血液が回りにくい

極端な話し、ふくらはぎが硬くなっているの問題点の根源は脳にある可能性もあるよ〜ということです。

脳の機能低下を無視して、ずっとふくらはぎばっかり揉んでても気持ちいけど改善はしませんよね。だって本当は脳の問題なんだもん!!

あ。近年、若年性アルツハイマーとかよく聞くけどこういうことなのか!!?

また新しいブログネタ考えつきました!!またまとめてみたいと思います。

では!!また!!