ストレートネック

【寝ているのにストレスを感じる?!】※写真で説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
img_5031

「疲れたなぁ」「頭痛い〜」「肩がこるなぁ」「腰が重だるい」など感じたことはありますか??

私はなるべく「疲れた!」を言わないようにしています。「頑張った!」と自分を讃えています。メンタル的な考え方ですね。でも実際は疲れたーと感じることはよくあります。

実際どうなんでしょう??

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

とある雑誌に書いてあったデータです。「感じている」方がやはり多いですね。

これだけ疲れを感じている方が多いから整骨院や整体院、マッサージ屋さんが増え続けるんでしょうね。

通常この疲労感は「寝ている間に取れます」いや「寝ている間にしか取れません」だから質の高い睡眠が必要なんです。この質の高い睡眠をとるためには「仰向け」で寝る必要があります。

しかし、ここで問題があるのです。

「姿勢」です。極端にわかりやすくしましたが、こういうことです。

まず姿勢が悪いというのは⬇️下の写真のような背骨ですね。

img_5029

(これは右側面から見ているような模型です)首と腰は「正常」と比べるとまっすぐになりカーブがなくなっています。背中の部分(胸椎)は過剰に曲がっています。

ストレートネックと言われる人はこのようになっている方が多く感じます。この姿勢の方が「仰向け」で寝た場合。

はい!コチラ!!

img_5031

頭浮いちゃっていますね。でもあのまま寝たらこのような状態になってしまいます。しかし、ここは地球です。重力があります。地面に向かってまっすぐ。私が重力を演じます。

img_5036

こんな感じで伸ばされちゃいます。姿勢が良くなっていいじゃないか!!と思うかもしれません。でも考えてみてください!!睡眠中に私がこのように上から押さえつけているのを!!睡眠をとろうと仰向けに寝て、あの姿勢の方がここまで伸ばされたら辛くないですか??ストレスじゃないですか?

寝ている間に脳をおやすみさせなければならないのに、姿勢の悪い方は睡眠中も重力によりストレスを感じます。だから睡眠の質が低下してしまうのです。

img_5042

こちらの写真と先ほどの写真を比べると全然違いますよね。これが人間にとって良い姿勢です。

「良い睡眠」をとるためには「良い姿勢」が必要ということをお分かりいただけたでしょうか?

当院は「睡眠が変わること」を最初の目標にしています。


【バイタルリアクトセラピー専門治療院】

新橋カイロプラクティック整体院 Office YAMAMOTO

東京都港区東新橋1-2-10 PAL汐留MF

03-6884-1054(完全予約制)

【公式HPhttp://office-yamamoto.jp/

【口コミサイト】http://www.ekiten.jp/shop_7016097/

twitterhttps://twitter.com/officeyamamoto( @officeyamamoto)

【インスタ】https://www.instagram.com/yuuki.yamamot0/

こんな症状でお困りの方へ◆

  • 頭痛 ・めまい ・耳鳴り ・吐き気
  • 首の痛み ・頚椎症 ・肩こり ・背中(肩甲骨)の痛み
  • 腰痛 ・股関節痛 ・膝の痛み
  • 坐骨神経痛(足のしびれ) ・ヘルニア ・脊柱管狭窄症
  • 自律神経失調症 ・自律神経の乱れ ・生理不順
  • うつ病 ・精神疾患


特に頭痛・首、肩の痛みは得意です!!


こんな運動をしているの方に向いている治療◆

  • ボクシング
  • 柔道
  • 空手
  • レスラー(プロレス)
  • ラグビー
  • 総合格闘技
  • 若い頃にケンカに明け暮れていた方 etc…

上記は明らかなコンタクトスポーツですが、接触プレーなどが意外に多い球技をしていた方は、不意な外力により身体に負担をかけていた。という方が非常に多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る