山本院長のブログ

【”超”深刻!】お酒を飲まないと眠れません…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
名前がありません

「毎日、お酒を飲まないと眠れません」

初回の問診時に言われることがあります。

「お酒を飲むと、良く眠れるんです」

気持ちはすごくわかります。でも、勘違いです。


本日も頭痛、首の痛み、肩こりの患者さまが関東圏からいらっしゃいます。張り切って治療していきます!

11月21日(火)は18時以降すべてご予約が埋まっております。その他お時間は必ずお電話またはLINEにてご確認ください。【LINE ID: office.yamamoto】

明日は午前の最後(12:00から)のみ初めての方のご予約に空きがあります。お早めのご予約をお願い致します。


痛みや傷口は、寝ている時にしか治りません!良い睡眠が必要です。

アルコールを摂取し、眠る事が良い睡眠でしょうか?答えはNoです。

深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」の2つで睡眠は構成されています。

アルコールを飲むと眠りにつきやすくなりますが、すぐにその眠りは中断され浅い眠りへとなります。アルコールを分解する際に生じる生体反応は浅い睡眠であるレム睡眠を長引かせてしまうのです。

睡眠は取れているものの、睡眠の質を考えた時にやはりアルコールは睡眠の質を向上させるものではありません。

 

〜交感神経と副交感神経〜

昼間は身体を動かさなければいけないので、「交感神経」を身体は働かせます。

夜間は脳や身体を休ませ、回復作業を行うために「副交感神経」を働かせます。

しかし、アルコールを摂取する事で夜間も「交感神経」が優位になってしまいます。

そうすると、昼も夜も交感神経が働いてしまうため、人間の脳や身体、内臓機能を休ませる「副交感神経」の働きは少なくなってしまいます。

この交感神経と副交感神経の絶妙なバランスで、人間は1日を過ごし、次の日に疲労を残さずリセットされた状態になることが大切です。

もし、疲れが抜けない。痛みが取れない。だるい。というお悩みをお持ちの方は一度、ご自身の生活を振り返ってみてください。

本当の「健康なカラダ」は整体師に治療してもらうから手に入る訳ではなく、整体師と協力して手に入るものです。

当院の治療は、痛い場所をモミモミするのではなく、身体を回復させるために「副交感神経」の機能を高める事、そして睡眠の質を向上させる事の手助けをする治療です。


【バイタルリアクトセラピー専門治療院】

新橋カイロプラクティック整体院 Office YAMAMOTO

東京都港区東新橋1-2-10 PAL汐留MF

03-6884-1054(完全予約制)

【公式HPhttp://office-yamamoto.jp/

【口コミサイト】http://www.ekiten.jp/shop_7016097/

twitterhttps://twitter.com/officeyamamoto( @officeyamamoto)

【インスタ】https://www.instagram.com/yuuki.yamamot0/

LINE予約】ID → office.yamamoto

こんな症状でお困りの方へ◆

  • 頭痛 ・めまい ・耳鳴り ・吐き気
  • 首の痛み ・頚椎症 ・肩こり ・背中(肩甲骨)の痛み
  • 腰痛 ・股関節痛 ・膝の痛み
  • 坐骨神経痛(足のしびれ) ・ヘルニア
  • 自律神経失調症 ・自律神経の乱れ ・生理不順
  • うつ病 ・精神疾患
  • 不眠 ・睡眠 ・眠れない
    特に頭痛・首、肩の痛みは得意です!!
    こんな運動をしていた方、している方は要注意◆
  • ボクシング
  • 柔道
  • 空手
  • レスラー(プロレス)
  • ラグビー
  • 総合格闘技
  • etc…

上記は明らかなコンタクトスポーツですが、接触プレーなどが意外に多い球技をしていた方は、不意な外力により身体に負担をかけていた。という方が非常に多いです。

M式 宮沢塾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る