山本院長のブログ

多汗症について「QOLが著しく低下する方も…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
タイトルなしのデザイン (5)

多汗症をご存知でしょうか?
多汗症には全身に症状が現れる「全身性多汗症」と、頭部・手・脇・足裏に多く見られる「局所性多汗症」がある。これら多汗症は患者様は日常生活においても症状によりストレスを受け、生活の質(QOL)にも支障をきたす方もいます。

多汗症は交感神経の機能が失われ、体温などに関係なくエクリン腺より汗が過剰に出てくるといった症状である。

▶︎手掌多汗症

手のひらに起こる多汗症のこと。
日常生活において物を持つ動作、触れる動作にも支障が出るほどの症状の方もいらっしゃいます。
お仕事中に資料用紙をまとめようと思うが濡らしてしまったり、人に触れることも相手に不快感を与えてしまうのではないかと症状に対してストレスを感じてしまうようです。

手掌多汗症をレベルで分けることもできます。
レベル1➡️手のひらが湿っている。
レベル2➡︎汗により水滴ができる。
レベル3➡︎滴るような汗が出る。

▶︎治療

・塩化アルミニウム液
・イオントフォレーシス(定期的に通電を行う)
・交感神経ブロック(ただし代償性発汗として他の部位に発汗が生じる)
・ETS手術(交感神経切除術)
ETS手術は今では主流の治療法になっているようですが、代償性発汗が起こることで手術に対しての満足度は低いということも言われています。

当院では多汗症の治療というのは行なっていませんが、交感神経の切除・ブロックなどでその他機能に問題が起きないのかなどが気になるところです。
交感神経と副交感神経はバランスを取ることが人間が健康に生きていく上で重要だと考えています。

まずは手術という選択肢を選ぶよりも「保存療法」により症状の変化をみていくことが1番だと思います。

slide1

【バイタルリアクトセラピー専門治療院】

新橋カイロプラクティック整体院 Office YAMAMOTO

東京都港区東新橋1-2-10 PAL汐留MF

03-6884-1054(完全予約制)

【公式HPhttp://office-yamamoto.jp/

【口コミサイト】http://www.ekiten.jp/shop_7016097/

twitterhttps://twitter.com/officeyamamoto( @officeyamamoto)

【インスタ】https://www.instagram.com/yuuki.yamamot0/

こんな症状でお困りの方へ◆

  • 頭痛 ・めまい ・耳鳴り ・吐き気
  • 首の痛み ・頚椎症 ・肩こり ・背中(肩甲骨)の痛み
  • 腰痛 ・股関節痛 ・膝の痛み
  • 坐骨神経痛(足のしびれ) ・ヘルニア
  • 自律神経失調症 ・自律神経の乱れ ・生理不順
  • うつ病 ・精神疾患
  • 不眠 ・睡眠 ・眠れない
    特に頭痛・首、肩の痛みは得意です!!
    こんな運動をしていた方、している方は要注意◆
  • ボクシング
  • 柔道
  • 空手
  • レスラー(プロレス)
  • ラグビー
  • 総合格闘技
  • etc…

上記は明らかなコンタクトスポーツですが、接触プレーなどが意外に多い球技をしていた方は、不意な外力により身体に負担をかけていた。という方が非常に多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る