梅雨の頭痛はなる前に予防すれば怖くない。

今日は梅雨の大雨でしたね。ボクはこんな天気だからと大人しく「鬼滅の刃」を読んでました。どうも漫画を読むのが苦手らしく10巻まで読むつもりで買ってみたのですが…現在2巻完読したところです。毎晩1巻ずつ読み進めていこうと思います。

こんにちは。新橋カイロプラクティック整体院 院長の山本優希です。新橋・汐留にある整体院で頭痛や首の痛み、肩こりや腰痛などの慢性痛に悩むサラリーマンやOLさんを主に施術しています。デスクワークによる不良姿勢からくる各症状には一人一人それぞれの根本原因があります。その根本原因に対して施術するのが新橋カイロプラクティック整体院の施術方針です。

梅雨の頭痛

この時期、頭が痛くなったりしませんか?最近そのようなお問い合わせが多いです。

  • 雨が降りそうになると頭痛が酷くなってわかるんです!
  • 毎年、梅雨の期間は頭痛が辛いんです!

このようにお話ししてくれる方もいます。

なぜ梅雨の時期に頭痛になるのか?

雨が降る時に気圧が下がります。その気圧の変化に人間の脳や身体が反応し視床下部を介して交感神経が活発に機能します。

そうするとノルアドレナリンと呼ばれる物質が身体内で作用し、痛みを感じ取る神経を刺激します。その他にも交感神経は痛みの出現に深く関与する自律神経なのです。

雨が多く降る梅雨の時期に頭痛を感じやすくなるのはこのように気圧の変化に起因するところが多いのです。

梅雨の頭痛の解決法は?

予防が最も大切です。梅雨時期の気圧の変化に影響を受けるあなたの身体は、現状として梅雨の頭痛を起こしやすい身体なのです。その身体を改善すること、改善した後に健康状態を維持することが最も大切です。

自律神経は交感神経と副交感神経がありますが、これらのバランスが取れていることが正常です。この健康状態を維持する為に当院では身体を骨格から見ます。正常な骨格は身体の基礎となる脳や脊髄を保護する為に正常でなければなりません。

もしあなたの骨格が崩れていたら脳や脊髄、神経といった部分に負担をかけ、正常な働きを阻害する恐れがあります。

さらに骨格が正常になり、内臓や筋肉などに作用する神経が正常に機能するかが大切です。これが梅雨の頭痛に対して行う最も大切な予防です。

頭痛が出て、薬でコントロールすることは予防でも治療でもありません。痛み止めで痛みを感じてない間に気圧の変化に身体が慣れてしまったり気圧が安定したりするの待っているだけです。毎回雨が降る度に頭痛薬を飲んでごまかして辛い思いをする。あなたはそれでも痛み止めに頼りますか?

まとめ

本当に辛い頭痛の人をボクは何百人と見てきました。痛み止めでごまかし続けるのはお勧めしません。それはあなたが痛みをごまかしている間にも身体は確実に老化しています。今よりも10年後は治りにくくなっています。だからボクは危機感を感じて施術に受けて欲しいのです。

ボクは今できる最善を尽くし施術に当たらせて頂きます。後悔が無いよう最善の選択をしてくださることを願います!

お気軽にご相談ください!

■新橋カイロプラクティック整体院
■営業時間:9時〜20時(詳細はご確認ください)
■住所:東京都港区東新橋1-2-10 PAL汐留M2F
■電話:03-6884-1054
■最寄駅:新橋駅/汐留駅 各3分
■M式テクニック M式トリプルアプローチ + 地域名 で【検索】

M式テクニックについて
患者様の声はコチラ
プロフィール
アクセス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です