汐留OLは眼精疲労と頭痛に注意!

汐留OLさんが言ってました。「私の会社にも目の疲れと頭痛持ちめちゃくちゃ多いです!」

「それなら従業員の皆さんボクのところ(新橋カイロプラクティック整体院)に通院出来るようにしてと社長さんに伝えておいてくださいよ〜!」と言ったところ「わかりました!」とご返答を頂きましたけど、○○さん何者なの?えっ、社長にそんな話簡単に出来るもんなの?

気さくに話せていつもニコニコ元気な人ほど会社で重役の方だったりしますが、新橋カイロプラクティック整体院の院内では患者さんですからね。施術のこと、健康のことをハッキリとお伝えさせて頂きますよ!

こんにちは。新橋カイロプラクティック整体院 院長の山本優希です。新橋・汐留にある整体院で頭痛や首の痛み、肩こりや腰痛などの慢性痛に悩むサラリーマンやOLさんを主に施術しています。デスクワークによる不良姿勢からくる各症状には一人一人それぞれの根本原因があります。その根本原因に対して施術するのが新橋カイロプラクティック整体院の施術方針です。

眼精疲労・目の疲れ

眼精疲労はどのような時に現れるのか?

当たり前だが、目の使い過ぎやブルーライトやLEDライトなど周辺環境によるところは多い。さらに精神的なストレスが強くなると、高血圧や結構不良など様々な症状と同じように眼精疲労も引き起こします。

目の疲れだとその状態を軽視してしまうことがありますが、今後の病気への発展に繋がる恐れもありますの注意して見なければなりません。

もし、眼精疲労の他に頭痛や筋肉の緊張(肩こり、腰痛など)がある場合は要注意です。

対応策

まずは目の使い過ぎに対して対応をしなければならない。

サラリーマンやOLの方は朝から晩までデスクワークでPCと睨めっこ状態。家に帰ってテレビを見たりYouTubeを見たり、布団に入ってからもスマホをいじっていませんか?

ブルーライトやLEDライトの刺激は想像以上に強く、身体の自律神経にも深く関係すると言われています。夜間就寝するために神経は副交感神経が優位に働かなければならないのですが、それらの刺激により交感神経が働いてしまうのです。このような生活が続いた場合、睡眠障害や自律神経失調症などと診断されるケースも多いのです。

目を休める時、つまり目を瞑って目の筋肉や神経がリラックスしている時というのは就寝時のことを指します。

眼精疲労の対応策としては質の高い睡眠を確保することに尽きます。

まとめ

仕事に集中することは素晴らしいことです。しかし集中し使った目を休ませることをしましょう。まずは睡眠。

もし今現在、既に不眠症や睡眠障害、筋肉の緊張に悩んでいる場合はお早めにご来院ください。今の状態で生活を続けることで病気へと繋がる恐れもございます。

体調不良に悩む前にちょっとした身体の変化に気付き、早期に対応する。それがベストです。いつでもお気軽にご相談ください!

■新橋カイロプラクティック整体院
■営業時間:9時〜20時(詳細はご確認ください)
■住所:東京都港区東新橋1-2-10 PAL汐留M2F
■電話:03-6884-1054
■最寄駅:新橋駅/汐留駅 各3分
■M式テクニック M式トリプルアプローチ + 地域名 で【検索】

M式テクニックについて
患者様の声はコチラ
プロフィール
アクセス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です