腰痛の新常識!!これを知らずに整体受けるのは危険|M式テクニック

腰痛の新常識

今日も「腰痛」の外国人の患者さんがご来院になったので「腰痛について」の新常識です。

脳内に「側坐核」(そくざかく)という痛みの制御に関連する部分があります。この側坐核の働きは、例えば腰の筋肉をに負担をかけ炎症などを起こすとその痛みが脳に伝わる。これに、側坐核が反応し鎮痛物質“オピオイド”が働き出し痛みを抑える信号が送られる。

しかし慢性的にストレスを感じると「側坐核」が働かなくなりオピオイドが働きにくくなり、痛みの信号に反応できなくなり激しい痛みが生じる。

痛みを感じると、脳や神経が緊張し、交感神経を通じて痛みのある場所の血管が収縮します。そして患部の血流が不足し、細胞に栄養と酸素が行き届かなくなります。酸素が少なくなると発痛物質が産生され、脳が痛みをまた感じ取ります。

これって永遠ループのような状態ですよね?

痛みを感じたり、心臓や血管を調節するのって筋肉ではありません。「脳」です。

「ギックリ腰はクセになる」と聞いたことはありませんか?ギックリ腰や腰痛がクセになるのではありません。身体の機能が正常に働いていないがために結果的にギックリ腰や腰痛という症状が出てしまうだけで問題はカラダが正常に働いていないことが原因なのです。

当院では「脳」「背骨」「筋肉」と全てをターゲットにした治療を行います。ぜひ、ご相談いただけると幸いです。

新橋カイロプラクティック整体院

・東京都港区東新橋1-2-10 PAL汐留M2F (新橋駅・汐留駅徒歩3分・日テレ前)
・電話番号:03-6884-1054(完全予約制)
・予約方法:WEB予約はコチラ
・施術方法:M式テクニック(根本治療)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です