【新橋 整体】在宅勤務・テレワークになってから“目が悪くなった”“視力低下”が急増(M式テクニック)

在宅勤務やテレワークにより増えたのは頭痛や肩こり、腰痛だけではないようです。姿勢を良くして、骨格を整えるための整体院を経営していると頭痛・肩こり・腰痛はもちろんですが、不眠症・睡眠障害・便秘や下痢など自律神経症状の方から多くお問い合わせご予約をいただくようになりました。

在宅勤務やテレワークによる身体への影響は筋肉だけではなく、視力にも影響を及ぼしているようです。それには仕事環境が変わり、パソコンのモニターの変更やモニターの高さ・距離、室内の照明などが要因とされています。

視力低下の主な原因

パソコンやスマホの見過ぎ

パソコンを見る時間だけではなくスマホを見る時間も増えています。仕事でパソコンを操作し、休憩時間やお仕事終わりにはスマホを見続けている。

同じ姿勢で仕事をしていると疲れてきて自然に猫背になってしまいます。その姿勢は目をモニターへ近づけてしまい「近くを見やすい目」に適応しようとします。

モニターの位置が顔より下にあることはストレートネックになりやすく視線も下へ向きます。斜めにあることも同様に視力の低下を引き起こす要因となります。これらは乱視が原因となります。

コンタクト・メガネの度数

日々の生活の中で負担をかけ低下していた視力と、現在のコンタクトやメガネの度数が適性ではないことも更なる視力の低下を引き起こします。

遠くを見る機会が減った

1日自宅で引きこもって仕事をしている方もいます。今までは朝起きて、駅まで歩いて、電車に乗って、会社まで歩いて、会社で仕事をしていました。周りの景色は自然に入っていました。

最近、パソコンモニターやスマホ、狭い空間の室内しか見ていないのではありませんか?

まとめ

私たちが受けるストレスの多くが視力からです。脳が得る情報のほとんどが目から得られた情報。その視力に問題が起きると身体は健康な状態を維持しにくくなります。今は視力の低下が現れているかもしれませんが、その状況が続いた時に身体への不調や病気へと変わってしまいます。

視力に問題を感じたらまずは眼科へ受診してください。もし視力が悪く姿勢も悪いという時は新橋カイロプラクティック整体院へご相談ください。当院ではストレートネック、スマホネック、骨盤の歪みなど骨格を専門に見る整体院です。お気軽にご相談いただけると幸いです。


■新橋カイロプラクティック整体院
■営業時間:9時〜20時(詳細はご確認ください)
■住所:東京都港区東新橋1-2-10 PAL汐留M2F
■電話:03-6884-1054
■最寄駅:新橋駅/汐留駅 各3分
■M式テクニック M式トリプルアプローチ + 地域名 で【検索】

M式テクニックについて
患者様の声はコチラ
プロフィール
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です