【新橋 整体】あなたの頭痛は“緊張型頭痛”と“片頭痛”どちらですか?(M式テクニック)

緊張型頭痛や片頭痛と病院で診断されて薬を処方された。でもなかなか治らない頭痛でお悩みの方がご来院になりました。
緊張型頭痛は筋肉がぎゅーっと縮こまることで起こり、片頭痛は血管が広がることで起こります。この2種類を両方とも感じる方もいます。

各頭痛の症状について

頭痛といっても症状や頻度は様々です。緊張型頭痛と片頭痛の特徴的な症状についてお話しします。あなたはどちらの症状に当てはまりますか?

緊張型頭痛の特徴

  • 後頭部周りまたは頭部全体が圧迫されるような締め付けを感じる“重い”痛み
  • 一日中、鈍い痛みが続く
  • 首や肩のコリを感じる
  • めまいを伴う
  • お風呂などに入ると楽になることもある

片頭痛の特徴

  • ズキンズキンと脈を打つような痛み
  • 月に数回程度
  • 光が見える
  • 運動時にガンガンと頭に響く

緊張型頭痛

血流が悪くなり筋肉が緊張した状態で起こります。きっかけとして精神的なストレスや、デスクワークなどの同姿勢、さらに現在ではテレワーク・在宅勤務により運動頻度が低下したこともきっかけになります。

精神的にも肉体的にもストレスが加わることで、酸素や栄養素を運ぶ血流の働きが低下します。結果として首の痛みや肩こりに関与する筋肉が緊張し、頭痛を引き起こします。

対策

  • 温める・・・シャワーで済まさず、普段からお風呂に浸かりましょう
  • 運動・・・朝20分から30分程度のウォーキング
  • 【NG】揉む/伸ばすはオススメできません!

片頭痛

頭部の血管が拡張することで炎症を起こすことで現れると考えられています。精神的ストレス肉体疲労によるもののほか、女性が多いという特徴からホルモンの作用も影響していると言われています。

強い刺激に対して敏感となりめまいや吐き気などを起こす方もいます。

対策

  • 冷やす・・・頭痛を感じている時のお風呂は避けましょう。
  • 休養・・・横になることは回復力が最も高まる姿勢です。
  • 【NG】揉む/伸ばすは厳禁です!

まとめ

頭痛に悩む人の多くは薬を服用しています。最初の頃はそれでなんとなく頭痛が治ったように感じ「頭痛には薬が効果的」と認識してしまいます。しかし、当院のように多くの頭痛に悩む患者さんを見ていると、その薬がやがて効かなくなり何をしても治らないとご来院になります。

あなたの体は少しずつ精神的ストレスや肉体疲労、ホルモンの作用により血流や筋肉、さらには骨格に負担をかけ続けたまま生活しています。最初は痛みばかりに注視してしまいストレスへの対応、疲労への対策、血流の促進、筋肉の緩和を怠ってしまいます。

もしあなたの頭痛が5年前から出始めていたら、5年前のあなたの体と現在のあなたの体はどちらが回復する力が高いでしょうか?私が1日でも早くご来院になって欲しいのはこのことを理解しているからです。

緊張型頭痛や片頭痛にお悩みの方はお気軽に私にご相談ください。


■新橋カイロプラクティック整体院
■営業時間:9時〜20時(詳細はご確認ください)
■住所:東京都港区東新橋1-2-10 PAL汐留M2F
■電話:03-6884-1054
■最寄駅:新橋駅/汐留駅 各3分
■M式テクニック M式トリプルアプローチ + 地域名 で【検索】

M式テクニックについて
患者様の声はコチラ
プロフィール
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です